取扱商品
フルーツセンター

現在リンゴの産地のほとんどが、明治7年(1874年)内務省による苗の配布が始まってからになる。生産が軌道に乗ったのは明治20年代といわれている。
長野県では、昭和初期の世界経済恐慌によって養蚕が不振に陥ったことで、県がリンゴ栽培を推奨したことにより栽培面積は急速に増加した。長野県内で育成された※リンゴ3兄弟(秋映・シナノゴールド・シナノスイート)など特徴のある商品があり、個々のファンも多い。リンゴ全体の収穫量が青森に続く2位となっている。
※「りんご三兄弟」は全国農業協同組合連合会の登録商標です。

おいしい見分け方

  1. 色がよいもの(「サンふじ」「サンつがる」など袋をかけないリンゴは着色があまりよくなくても甘い)。
  2. 青リンゴの「王林」「シナノゴールド」などは黄色に変化するほど熟す。
  3. 熟し過ぎて醗酵したような臭いがしたら美味しくない。
  4. リンゴのお尻の部分が尖ってなく、丸くなっている。
  5. 「ふじ」は同じ大きさなら重いほうが蜜が多い。
  6. 軸(果柄)がしっかりしている。

保存方法

  1. ポリ袋などに入れ冷蔵庫で保存。1ヶ月以上長期保存する場合は、ポリ袋の中に新聞紙などを入れ密閉して保存する。
  2. 外などで保存する場合は低温で気温の変化が少なく、日光に当たらない場所がよい。

栄養や効能

  1. ビタミンA、B群、Cや糖類、酵素、有機酸(リンゴ酸、クエン酸、酒石酸)などミネラルが多く含まれている。
  2. ペクチンは食物繊維が豊富で整腸作用などの効果があるので、便秘改善などに効果的。
  3. 腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖や活性酸素を除去するポリフェノールなども含まれていて、ガン、炎症、アレルギーなどの予防に効く。
  4. 主な効能…疲労回復 精神安定 二日酔い改善 便秘解消 眼精疲労・視力回復 ガン予防 老化予防 糖尿病予防 高血圧予防。

リンゴの品種(フルーツセンター取扱品種)

つがる

つがる

収穫時期 8月下旬 ~ 9月中旬
特長
果汁が多く、甘みが強い。
長野県では全国生産量の約1/3を占める。そのうち袋をかけず太陽の光を浴びて育った「サンつがる」の生産量は95%を占めている。

育成:「紅玉」×「ゴールデンデリシャス」
糖度:13~14%
酸度:0.3%前後

シナノリップ

シナノリップ

収穫時期 8月上旬 ~ 下旬
特長
夏の暑い中よく着色し、果汁が多くみずみずしい味わい。
酸味と甘みのバランスが良く食べやすい品種。

育成:「千秋」×「シナノレッド」
糖度:14~15%
酸度:0.4%前後

紅玉(こうぎょく)

紅玉(こうぎょく)

収穫時期 9月下旬 ~ 10月中旬
特長
酸味が強く、アップルパイやジャムなど加熱調理に向いている。
アメリカで発見され、古くからある品種。1900年に邦名を紅玉と命名された。英名:ジョナサン

育成:偶発実生
糖度:13~14%
酸度:0.6%前後

シナノドルチェ

シナノドルチェ

収穫時期 9月上旬 ~ 中旬
特長
黄緑色の地に赤く着色する。
果汁が多く、パリッとした食感。甘酸っぱくさっぱりとした味わい。

育成:「ゴールデンデリシャス」×「千秋」
糖度:13~15%
酸度:0.5%前後

新世界(しんせかい)

新世界(しんせかい)

収穫時期 10月中旬 ~ 下旬
特長
酸味がやや少ないので、甘く感じられる。
群馬県育成品種。着色が良く、温暖地向きの品種である。

育成:「ふじ」×「あかぎ」
糖度:14~15%
酸度:0.3%前後

秋映(あきばえ)

秋映(あきばえ)

収穫時期 9月下旬 ~ 10月中旬
特長
甘さと酸味のバランスがよく、色は濃赤色。
長野県生まれのオリジナル品種。

育成:「千秋」×「つがる」
糖度:14~15%
酸度:0.4%前後

アルプス乙女

アルプス乙女

収穫時期 9月下旬 ~ 10月中旬
特長
果実の大きさは25~50gのミニりんご。
リンゴ飴の原料としても使用される。

育成:「ふじ」×「紅玉」
糖度:14~15%
酸度:0.3%前後

陽光(ようこう)

陽光(ようこう)

収穫時期 10月中旬 ~ 10月下旬
特長
糖度が高く濃厚な味。

育成:「ゴールデンデリシャス」の自然交雑実生品種
糖度:14~15%
酸度:0.3%前後
陽光(ようこう) 陽光(ようこう) 陽光(ようこう)

シナノゴールド

シナノゴールド

収穫時期 10月中旬 ~ 下旬
特長
甘みが強く、パリッとした歯ごたえ。
黄色品種。
他のりんごに比べ保存性に優れ、長期にわたって味わうことができる。

育成:「千秋」×「ゴールデンデリシャス」
糖度:14~15%
酸度:0.4%前後

シナノスイート

シナノスイート

収穫時期 10月上旬 ~ 10月中旬
特長
酸味が少なく、甘みが強い。果汁が多い。

育成:「ふじ」×「つがる」
糖度:14~15%
酸度:0.3%前後

あいかの香り

あいかの香り

収穫時期 10月下旬 ~ 11月上旬
特長
酸味と甘みのバランスが良く、大玉。
リンゴの酸味が苦手な人にオススメ。

育成:「ふじ」×「つがる」
糖度:14~16%
酸度:0.3%前後

王林(おうりん)

王林(おうりん)

収穫時期 10月中旬 ~ 下旬
特長
独特の香りや緑色に斑点のついた外見が特徴。
甘みが強く貯蔵性に優れている。

育成:「印度」×「ゴールデンデリシャス」
糖度:14~15%
酸度:0.3%前後

シナノホッペ

シナノホッペ

収穫時期 10月下旬~11月上旬
特長
濃紅色に着色し、蜜が入りやすいのが特徴。
シャキシャキとした歯ごたえに程よい酸味がある

育成:「あかね」×「ふじ」
糖度:15%前後
酸度:0.4%前後

ふじ

ふじ(有袋)・サンふじ(無袋)

収穫時期 11月上旬 ~ 下旬
特長
甘みが多く、酸味は中、果汁が多く食味は極良。貯蔵期間は常温で90日程度、冷蔵では150日程度である。袋をかけないで栽培する「無袋りんご」をサンふじと呼んでいます。

育成:「国光」×「デリシャス」
糖度:14~15%
酸度:0.4%前後
ふじ上面 ふじ下面 ふじ断面

主な産地 (県別順位・県内順位)

円グラフ
順位 県名 収穫量(t) 割合(シェア)
1 青森県 470,000 57.92%
2 長野県 157,200 19.37%
3 山形県 50,600 6.24%
4 岩手県 48,600 5.99%
5 福島県 26,300 3.24%
6 秋田県 22,900 2.82%
7 群馬県 9,280 1.14%
8 北海道 7,660 0.94%
9 宮城県 3,740 0.46%
10 岐阜県 1,990 0.25%
平成26年度 果物ナビより