お知らせ

リンゴがベタベタしていたら・・

フルーツセンターでは、現在、リンゴ「秋映」や梨「南水」が出荷最盛期を迎えています。

本年度の桃は全て終了しました。


さて、「秋映」の皮がベタベタしているものが多いです。

これは、人工的にワックスを塗っているわけでなく、果実内部から自然に滲み出してきたものです。

リンゴの品種により程度に差がありますが、熟するに伴い、べたついてきます。

農家にとっては、収穫の適期の目安です。

べたついた果実が多い木は採り頃・・ということです。

つい、「ワックスが出てきたから・・・」という言葉を使ってしまいますが、ワックスを塗っているわけではありません。

皮ごと召し上がる際に、気になるようでしたら、普段以上に水洗いをしてみてください。



リンゴの表面のベタベタは、熟しているしるしです。


IMG_20171002_121059-201710秋映.jpg


お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo