お知らせ

「シナノリップ」の特徴は・・

19.02.03 【 生産者ブログ

フルーツセンター管内で、リンゴ「シナノリップ」の剪定講習会が開催されました。

誕生まもない品種であり、育成した県果樹試験場でも成木まで達しておらず、栽培技術について今後も研究が必要だそうです。

講習会では、若木の剪定について実技を交えて説明して頂きました。

若木のうちは樹勢が強く主枝候補の枝が少なくなりがちなので、いかに主枝候補を発生させるのかが重要なようです。



我が家の「シナノリップ」は講習会場のものより若いのですが、さほど樹勢が強くないせいか主枝候補になりそうな枝が何本か発生していました。

           ↓



DSC01679-201901リップ.jpg





DSC01682-201901リップ.jpg


(TT)



お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo