お知らせ

品質の良いサンふじを

19.06.12 【 生産者ブログ

「(一財)長野県果樹研究会」の須高支部によるリンゴ摘果講習会が開催されました。

講師は山ノ内町の古幡さん。

実一つ当たりの葉の枚数の基準は重要です。

また、サンふじの果実がついている枝の状況によって、蜜が入りやすいかどうか判断できます。

良い条件の場所に実を残すことが、摘果作業のポイントとなることを教えていただきました。


(KKN)


残した果実が成熟したらどんな様子になるのか、イメージしやすくするための工夫です

残した果実が成熟したらどんな様子になるのか、イメージしやすくするための工夫です


お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo