お知らせ

もも摘蕾講習会を行いました!

今年は雪も少なく晴れている日が続いていたので昨年より1週間早く摘蕾の講習会を行いました。

今週は晴れている日が多かったのでどんどん蕾も膨らんできて

摘蕾がしやすい時期になってきたのだと実感しました。

 

摘蕾をする目的は主に3つあります

・余分な養分の消費を防ぐ。

・これからの作業(摘果作業)の効率化する。

・新梢伸長を良好にする。

早めに実施することで品質向上にもなりますので

ももの作業の中で重要な作業になるかと思います。

しかし一気に摘蕾してしまうと

今年は生育が進んできているため凍霜害の心配もされます。

実のつけない枝の上だったり、主枝先端などの伸ばしたい枝の先

は早めに実施し他は結実が見られたら何回かに分けて実施するのがおすすめです。

また品種により実施の仕方も変わってきますので注意してください。

 

 


お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo