お知らせ

高品質なシナノリップを

早生リンゴの新品種「シナノリップ」の着色管理講習会が開催されました。
シナノリップは暑い夏でも着色しやすい品種ですが、果実全面が赤く色づくにはある程度葉を摘む必要があります。しかし、平年は8月上中旬頃の収穫となりますが、葉を摘む時期が高温となり果実が日焼けしやすいため、葉摘み作業については注意する必要があります。

ポイントは、「早めの軽い葉摘み」です。
1回目は7月中旬頃(平年では梅雨明け前)、曇天が続く頃に果実に付着している2枚程度。
2回目は、収穫の10日前頃。摘み過ぎず、玉回しを併用して。

また、収穫や新梢管理についても説明がありました。


※ なお、講習会は高密植わい化栽培とマルバ台について、それぞれ別個に開催されました。写真は、マルバ台についての講習会のものです。
(FCM)

詳細を見る


桃ネクタリン

早生桃と早生ネクタリンの収穫最盛期となり、フルーツセンターには連日多くの生産者が出荷しています。
桃は「たまき」「日川白鳳」「赤宝」、ネクタリンは「メイグランド」「サマークリスタル」などです。
果実肥大期に雨が少なかったことにより小玉が多めですが、糖度は平年よりも高めです。
(FCM)
詳細を見る


須高フルーツセンター「赤い屋根」直売所開店日について

22.07.17 【 お知らせ

いつも「赤い屋根」直売所をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

今年の開店日につきましては、7月27日(水)午前10時

に開店させていただきます。皆様のご来店お待ちしております。

詳細を見る

極早生ネクタリンの出荷が始まりました

6月も下旬となり、極早生ネクタリンの収穫が始まりました。
最初の品種は「メイファイヤー」です。
6月22日、メイファイヤーの選果・荷造りを行いました。これが、今年度のフルーツセンターの稼働開始です。
メイファイヤーは、栽培農家は少なく出荷量も多くはありませんが、今年度の先駆けとして県内外の市場に出荷いたしました。
(FCM)



詳細を見る


パシャフルアンバサダーを募集(JA全農長野)

全国農業協同組合連合会長野県本部(JA全農長野)では、長野県産果実の紹介や魅力について発信して頂く「パシャフルアンバサダー」を募集しています。
第一期の応募期間は、今月26日まで。任期は7月から9月までの計3ヶ月。とのことです。
詳しくはこちら
(FCM)


詳細を見る

お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo