お知らせ

いいづなリンゴフォーラム

19.02.07 【 生産者ブログ

 県内の飯綱町で開催された「2019いいづなリンゴフォーラム」に顔を出してみました。

りんごの生産・加工・販売に関して、県内外からの多くの講師のお話を聴くことが出来ました。

行政・生産者・他、主催側・参加者ともに、関係する皆さんの熱意が感じられました。


残念ながら最後まで参加できませんでしたが、良い機会でした。

(TT)

詳細を見る

会場は「いいづなアップルミュージアム」

会場は「いいづなアップルミュージアム」


「シナノリップ」の特徴は・・

19.02.03 【 生産者ブログ

フルーツセンター管内で、リンゴ「シナノリップ」の剪定講習会が開催されました。

誕生まもない品種であり、育成した県果樹試験場でも成木まで達しておらず、栽培技術について今後も研究が必要だそうです。

講習会では、若木の剪定について実技を交えて説明して頂きました。

若木のうちは樹勢が強く主枝候補の枝が少なくなりがちなので、いかに主枝候補を発生させるのかが重要なようです。



我が家の「シナノリップ」は講習会場のものより若いのですが、さほど樹勢が強くないせいか主枝候補になりそうな枝が何本か発生していました。

           ↓



DSC01679-201901リップ.jpg





DSC01682-201901リップ.jpg


(TT)


詳細を見る


モモ疎植低樹高栽培@果樹研究会

19.01.25 【 生産者ブログ

(一財)長野県果樹研究会主催の「モモ疎植低樹高栽培整枝剪定交流会」が、長野市内で開催されました。

山梨県の大藤流仕立て実践農家の方々による整枝剪定実技を見せていただきました。

一般的な開心形仕立てに比べ、頭の切り替えが大事で、実践するのは難しく感じますが、桃の樹の生理を改めて考える良い機会でした。

また、後半には県の専門技術員や果樹試験場の研究員の皆さんの実技もしていただきました。


(KKN)

詳細を見る

大勢の参加がありました

大勢の参加がありました


リンゴ半わい化せん定@果樹研究会

19.01.24 【 生産者ブログ

(一財)長野県果樹研究会主催による「リンゴ半わい化栽培整枝剪定交流会」が、山ノ内町内にて開催されました。

果樹試験場研究員や実践農家の皆さんが、各自が何年も整枝せん定を続けている樹について解説を交えながら、作業をしていただきました。

低樹高に抑え作業効率をあげ、なおまた早期多収を目指す。また、M9台を使った高密植栽培に比べ、トレリスが不要、苗木代も抑えられる、という利点がありますが、旧来とは違う感覚で栽培することが必要です。

寒い日でしたが、各地から大勢の参加があり、関心の高さがうかがわれました。


(KKN)

詳細を見る


梨のせん定を始めています

19.01.21 【 生産者ブログ

年末から、我が家の果樹園全体について、間引きや新植などを考え、チェーンソーを使って伐採や大枝切りをしてきました。

概ね終わったので、いよいよ梨から剪定を始めています。


夏の間に徒長枝の整理・誘引をしておけば良かったのですが、手が回りませんでした。

その結果、切る枝が多い(T_T)という残念な状況です。




この春を夏を見据えて枝残す そこに咲く花 平成の末


元年の夏に熟す実 新しい元号と共 伸び行く樹



(TT)




詳細を見る

一本全て伐採した樹

一本全て伐採した樹


お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo