お知らせ

長野県で生まれた三兄弟!!

フルーツセンターでは『りんご三兄弟』
(秋映、シナノスイート、シナノゴールド)を出荷中です。
雨が続いていますが、きれいな色になっています!
秋映がまもなく終了!!
3種類揃っているのは今だけです。

※「りんご三兄弟」は全国農業協同組合連合会の登録商標です。


りんご三兄弟jpg

詳細を見る

秋映

秋映


「シナノゴールド」始まります!

黄色いリンゴ「シナノゴールド」の目揃い会を開催しました。


カラーチャートを活用し、適熟な果実の収穫に努めていただくこと、

裂果していることがあるので(果実上下とも)、良く見て選別していただくこと、

皮が薄く傷つきやすいので、丁寧に扱うこと、

コンテナ内に積み重ねる際、緩衝材等を間に入れること。

    ・・・など、生産者の方にお願いしました。


収穫に気を遣う品種です。
果実がベタベタし始めたころが、美味しい時期です。



DSC00581-201710ゴールド.jpg


DSC00585-201710ゴールド.jpg

写真の果実は、濃い黄色になれば収穫できます

詳細を見る

二か所で開催しました

二か所で開催しました


甘さが特徴! 「シナノスイート」始まりました

リンゴ「シナノスイート」の目揃え会を開催しました。


「シナノスイート」は、現在収穫最盛期を迎えている「秋映」に比べると、着色しにくい品種ですが、酸味の少ないリンゴです。

果実がベタベタしてくる頃には過熟に近いことが多いので、適期を逃さずに収穫していただくようお願いしました。


現在、フルーツセンターでは、「秋映」の他、梨「南水」の出荷が盛んです。


詳細を見る

二か所での開催です

二か所での開催です


リンゴがベタベタしていたら・・

フルーツセンターでは、現在、リンゴ「秋映」や梨「南水」が出荷最盛期を迎えています。

本年度の桃は全て終了しました。


さて、「秋映」の皮がベタベタしているものが多いです。

これは、人工的にワックスを塗っているわけでなく、果実内部から自然に滲み出してきたものです。

リンゴの品種により程度に差がありますが、熟するに伴い、べたついてきます。

農家にとっては、収穫の適期の目安です。

べたついた果実が多い木は採り頃・・ということです。

つい、「ワックスが出てきたから・・・」という言葉を使ってしまいますが、ワックスを塗っているわけではありません。

皮ごと召し上がる際に、気になるようでしたら、普段以上に水洗いをしてみてください。



リンゴの表面のベタベタは、熟しているしるしです。


IMG_20171002_121059-201710秋映.jpg

詳細を見る


「秋映」が始まります

リンゴ「秋映」の目揃い会を開催しました。 DSC09717-201709秋映.jpg



生産者が多いため、2カ所に分けての開催でした。

DSC09724-201709秋映.jpg
県内の農家が育種した「秋映」ですが、色の着きやすいリンゴです。

そのため、早どりしやすい品種でもあります。



生産者の皆さんには、しっかり味がのるのを待ってから収穫するようにお願いしました。

詳細を見る


お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo