お知らせ

もも開花前講習会を開催しました。

今回はもの開花前講習会ということで摘蕾や人工授粉、昨年についても問題になりました
もも穿孔細菌病についての対策についてお話しさせていただきました。
摘蕾については花粉のある品種(主力:白鳳、あかつき、なつっこ、だて白桃)をメインに果実がついてほしくない
上芽や主枝・亜主枝の先端など今時期に摘み取っていただくと過度に摘果するより核割れの被害率の低下や
無駄な栄養分がいかないので肥大の向上にもつながります。
人工授粉については花粉がない品種(主力:川中島白桃など)についての結実確保や果形の向上について
の重要な作業となります。毎年この時期になると低温や霜などの被害があり減収になってしまった年もあります。
毎年着果率が少ない畑は人工授粉がお勧めです。
せん孔細菌病について昨年は春型枝病斑の発生が多くみられ最終的に果実にも発生してしまった
経緯があります。今年については薬剤の強化も含め毎年農家の皆様に枝病斑の切除をしていただいていますが
昨年は台風もなかったせいか今年は春型枝病斑の発生が少ないように見えますが発生がゼロではありません
今年についても引き続きの切除をしていただくことが重要になってきます。


詳細を見る

信州須坂スムージーフェス2020

須坂市では、「信州須坂スムージーフェス2020」を開催中です。
期間は、11月3日(火・祝日)まで。
内容は、スタンプラリーの実施、ミニイベントの開催。
ホームページのリンクが出来なかったので、ご面倒でも「信州須坂スムージーフェス2020」で検索してみてください。


(GM3)
詳細を見る

農家さんのインスタ

須高フルーツセンターに加入している農家(部会員)さんの中に、SNSのインスタグラムで、フルーツセンターの事業を紹介されている方がおいでになります。
ユーザーネームは makojimako27  さん。
個人のSNSで、農業に関する投稿が多いですが、仕事以外の内容もあります。
インスタグラムの中で、#JAながの須高フルーツセンター で検索すれば、フルーツセンターに関する投稿を見ることが出来ます。

(GM3)

詳細を見る

まもなく一年

フルーツセンターも浸水被害を受けた台風19号の来襲から一年がたとうとしています。
近くを流れる八木沢川に、監視カメラと水位計が設置されました。
パソコン・スマートフォンから画像やデータが確認できます。

川の水位情報 で検索   または、現地の解説板のQRコードから。

(GM3)
20yagisawaIMG_0687.JPG


20yagisawaIMG_0690.JPG

20yagisawaIMG_0685.JPG


20yagisawaIMG_0688.JPG


20yagisawaIMG_0683.JPG


20yagisawaIMG_0680.JPG

20yagisawaIMG_0678.JPG

詳細を見る

長野市内の梨

赤いコンテナに入った梨。
これは、長野市内にある「ながのフルーツセンター(旧長野平フルーツセンター)」に出荷された梨です。
須高フルーツセンターと同じ「JAながの」のメンバーです。
ながのフルーツセンターも須高フルーツセンターと同様、昨年10月の台風19号による浸水被害を受けました。
選果機の入れ替え工事のため、この秋まで稼働できなかったため、長野市内から運搬し須高フルーツセンターでの選果荷造りを行っています。
工事は終了したため、ながのフルーツセンターは、稼働を始めました。




(GM3)















nasinaganoIMG_0694.JPG

詳細を見る


お知らせ

最新のエントリー

カテゴリー別に見る

月別にみる

RSSフィード

RSSフィード  RSSフィード

ブログ担当者

[生産者]
mako
ryu
yoshi
ken

[フルーツセンター事務局]
kiyo